空の上での七並べ

いがもっちの意外かも

マルチプレイヤー

 

基本的に職業は一つであるべきなのだがたまに既存の職業に収まりきらない人もいる。

ホリエモンなんかはその最たる例だと思う。

そういう人は逆に一個に絞ると不調になるらしい。

 

追記:

けどやっぱり基本的に多くの人は一つの仕事に集中するべきだと僕は思う。

若者が出逢っておきたい100の物語 Reserve.st

Track13 HUMILIT

  僕の大学は日本有数の酒処で駅近に酒蔵通りという酒蔵が近接しているレンガ通りがあった。

 ある夜、僕はA子とその酒蔵通りを歩いていた。

 話は海外、とりわけ留学についてだった。

「僕は留学したいという気持ちはあるけど留学には僕よりふさわしい人がいると思うんだよね」

 僕は海外に行きたいという気持ちや留学したいという気持ちはもちろんあった。

 しかし僕なりに海外は大人になって稼いだ後に訪ねようと自分なりに決めていた。

 海外欲はそのように消化したはずだった。

「君はさ。なんだか自分のこと過小評価しすぎだよね」

 ときっぱり言い切った。

「そんなことはないと思うけど……」

 僕はそう呟いた。

 あれ以来ときどき彼女の言葉を咀嚼する。

 今も自分の海外に対する価値観は変わりないが確かに彼女の言っていることも少なからず当たっている。

 価値観を変える必要はないが、彼女は自分が海外に対する気持ちを抑える必要はないと言ってくれたのだろう。

 謙虚になることと卑下することは違う。

 そのことを彼女は堂々と僕に教えてくれた。

 

Track14  FORTITUDE

 後輩のB子とイタリアンに行ったのは大学3年生のとき。

 彼女のことは前々から気になっていた。

 本が大好きだったり昔の哲学者や文学者に造詣が深くその滲み出る知性に惹かれた。

 食事の会席では、僕は話上手じゃないわりに質問したり彼女のことを聞き出そうと懸命だった。

「私はやりたいことをやるだけです」

「お金とか人気とか求めなくてやりたいことをやって行く」

「この地に骨を埋めていいと思っています」

 彼女からは次々とかっこいい言葉が溢れ出して来た。

 学校のこと課外活動のこと部活動のこと。

 彼女の活発さは男子顔負けだった。

 それでいて過信も卑下もなくただ淡々と自分に対する評価を下していた。

 経験からの裏付けがなければこんなにも自信は溢れないだろう。

 会計のときに、

「ここは僕が払うよ」といっても、

「いえ、バイトしてるのでいいです」

 と奢られることをきっぱり断る彼女も壮健で美しい。

 勝ち負けなんてそんなものないけれど、もしそんなものがあるとしたらおそらく彼女の完勝だ。

 彼女のブレなさは男勝りで会席のときにパスタが似合わないと思っていた。

 こんなにもパスタやイタリアンが似合わない女の子もいるんだなと思い出して笑ってしまった。

 

若者が出逢っておきたい100の物語 Reserve.st

Track11 THESIS

僕が大学3年生のときだ。

僕が所属する学科は3年生の頃からゼミに配属する決まりになっている。

ちなみに僕は比較国際教育学というゼミに所属した。

日本語もろくに喋れない男がいかに外国について学べというのか。

意味がわからない。

それはさておきゼミの先生はかなーり適当だ。

いきなり外国に行くからということでゼミが休みになったり、逆に僕たちが勝手にゼミを休んでもお咎めなしだ。

はじめの方のゼミでは3年生の僕たちは卒論のテーマを決める段階だった。

ちなみに僕はオーストラリアのアボリジニについて研究する予定だったが、結局変わった。

そもそもモンゴルの教育が行いたいと言ったのだが、

「文献少ないからやめたほうがいいよ」

と言われ、

アイヌ民族とかどうよ」

「あっ、アイヌいいっすね」

「けど、あれか日本のことはダメか」

……いや、知らねーよ。担当者あんただろ。

「じゃあ、あれだ。オーストラリアのアボリジニとかどう?」

そんなわけでアボリジニに関する教育について研究することになった。

まあ、それもさておき、とあるゼミでその適当担当教諭が「卒論3年生のうちに書いちゃいなよ。3年生のうちに書いて遊んじゃうんだよ」

と言ってきた。

なるほど。

これはいい。

通常2年間かけてゆっくりじっくりしたためる卒業論文を、

わずか1年で完成させてしまう。

これぞコペルニクス的転回なり。

 

Track12 THE VERY MAN

漢の中の漢と聞いてどんな人を思い浮かべるだろうか。

スポーツ神経抜群で筋肉ムキムキの武◯壮みたいな人物か。

人それぞれ意見があると思うが僕が大学生時代に出会った男はまさに漢の中の漢であった。

彼は体育会系出身で男ノリにうるさい男だった。

笑いか女どちらを取るかといえば迷うことなく笑いを取るような漢であった。

だから飲み会の席などでも、

「おい、お前これ以上やると女子がひくぞ」

と言われても、

「知ったこっちゃない。これくらいで引くような奴は女子ではない」

などと意味不明なことを言い全く引き下がることがなかった。

そんなんだから生まれてこのかた20いくつで彼女いない歴=年齢の漢であった。

そんな彼に恋愛感について尋ねてみた。

すると彼は、

「俺は女に対してオープンだ。いつでも付き合う準備はできている。だが、女が寄り付こうとしないのだ。ならば仕方ない。俺は悪くない」

と真っ向から持論を展開した。

こんな彼を漢の中の漢と思うのは僕だけだろうか。

 

 

若者が出逢っておきたい100の物語 Reserve.st

Track7 NIGHT PARK

君と出逢ったのは大阪だった。

とあるイベントで知り合ってその後、一緒に食事をした。

僕は次の日、地元に帰ることが決まっていたから今日までしか会えないことがわかっていた。

食事の後、街を見下ろせる高台にある夜の公園に行く。

コートをなびかせ夜風に当たる君は何を想うのか。

それから夢について語り合うことにした。

僕の番が来て夢について話すと君は、

「本当にそれが君の一番の夢なんやな?」

その言葉に僕の自信が揺らいだ。

「いや、あっちの方かもしれないな……」

急に自信をなくした僕は彼女に同意を求めるように答える。

僕の心を見透かしたのであろう。

彼女は、

「いや『かもしれないな』じゃなくて。そんな夢なん? そんな器の小さい人間じゃないやろ?」

きつく叱ってくれた。

君はどこまでも僕を僕以上に信用し、期待てくれたからきつく叱ってくれたのだろう。

男よりも男気が溢れていた君の姿は今も目に焼き付いている。

 

Track8 TIME IS MONEY

今回は珍しく完全なノンフィクション。

電話を発明した人物は?

そう、アレクサンダー・グラハム・ベルである。

スコットランド生まれの彼は身内にろう者(耳が不自由な人)が多かったためか、聴覚やスピーチの研究を行い、そこから着想を得た電話の発明で一躍有名になった。

ところが実はもう一人。

ベルが特許を申請した日と同じ日に2時間遅れで特許を申請した人物をご存知だろうか?

エリシャ・グレイである。

アメリカの発明家である彼は電話を発明することに成功したが、2時間の差でベルに発明権利の座を譲ってしまった。

たった2時間。

その2時間の差で二人は歴史に名を残すかどうかという大きな差になった。

エリシャ・グレイもこの事件のためかある意味歴史に大きく名を残したと言える。

それでも敗北者のイメージがついてしまって本人としては不本意な結果だろう。

時間はとても貴重なものだということを教わった。