空の上での七並べ

いがもっちの意外かも

ハヤシライスで世界を救え!! 味付け

【ここまでのあらすじ】

 ハヤシライスの地位向上のため。S店長と僕。二人の英雄がハヤシライス作りに挑むこととなった。しかし試作段階初期、知り合いの女性に「美味しくない」の一言を言われ挫折を経験する二人。逆襲に燃える一方、あまりに多い試作のためハヤシライス本来の味を忘れてしまう二人は、ハヤシライスの味を思い出すためにスーパーのレトルト売り場を目指すのだったのだが……。

 

☆ついに強敵(ライバル)登場!? 二人が食品売り場で出会ったものとは……。

 

 スーパーのレトルト食品売り場で店長と僕はハヤシライスを探す。

「これなんかいいんじゃないか?」

 店長が示したのはこちら、

f:id:igamocchi:20160528221542j:plain

 中村屋のビーフハヤシであった。

 パッケージからしていかにも美味しそうな雰囲気を醸し出している。

 ゴクリ。僕は思わず冷や汗を掻く。

 レジでなんとかお金を払いものにした僕たちは早速カフェに帰って調理をすることに。

「お湯で温めるだけでできるだと!?」

 あまりの手軽さに恐れおののく二人。

 お湯でパッケージに決められた時間きっかり温めご飯にかける。

 最大限にまで引き上げた敵でなければ本当に勝ったとはいうことができない。抜かりなく調理を終え実食へと移る。

「いくぞ」

 真剣な面持ちでハヤシライスを口にする二人。

 神経に電気が走る。

「なんだこれは!?」

 店長が思わず口にするのも頷ける。

 中村屋(こいつ)かなりできる!!

「これが大資本というやつか!?」

 美味しい。よく考えればそれもそのはずである。賢い研究者たちとその道のプロが集まって作られてのがこのレトルト食品だ。人類の知恵と技術が詰まった作品(ハヤシ)が美味しくないわけなかった。

 思わぬ強敵(ライバル)の出現。

「俺たちは果たしてこのハヤシライスに打ち勝つことができるのか!?」

 強大な壁が僕らの前に立ちはだかるのであった。