空の上での七並べ

いがもっちの意外かも

親から言われたことって意外と的確だったりする

f:id:igamocchi:20170314222105p:plain

 

母親に僕の幼児期のことを聞いたことがある。

「歩き出すのは早かったけど、なかなか喋らなかった」

僕は他の人より立って歩き始めるのは早かったが、

喋るのは遅かった。

大学生になった今、この親の発言の意味を理解した。

僕は訥弁で喋るのが本当に下手だ。

人に説明するどころか喋りでのコミュニケーションも

あまり得意ではない。

一方、僕はいろんな場所へ行くアクティブさがある。

どうやら僕は生まれつき口より体が動くたちなのだろう。

スティーブ・ジョブズのような人々の心に突き刺さる

プレゼンテーションはもってのほか。

客家、外交官、弁護士といった頭と口を

多分に使う職業は僕には向いていない。

今回、伝えたいのは僕がどんな人間かということではなく、

「親が自分に触れた内容の中に、自分の人間の性質が隠れていることが多い」

ということだ。

特に母親というのは鋭い。

いま振り返ってみると僕以上に僕のことを

理解している発言をよくしていた。

 

☆親から言われた何気ない一言が記憶に残っている場合、そこに自分の才能が隠されていたりする。