読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いがもっちの意外かも 

今まで経験したひょんなことをつらつらと書き述べるもまたいとをかし

本を読む難しさ

「読書」の画像検索結果

 

本を読むのって大事だってみんな言います。

 

僕もずっとそうだと思って大学時代たくさんの本を

 

読んできたんですけど、最近ちょっと考えが変わりました。

 

ただ闇雲に読書するのもどうなの?って感じです。

 

今回は読書についてつらつらと述べます。

「ショーペンハウエル」の画像検索結果

 

まずはこの人。ショーペンハウエル

 

彼は『読書について 他二篇』で次のように語っています。

 
読書をしすぎるのはバカだ。
読書は自分の思考の源流が途絶えた時にのみ行うべきである。
ほとんどまる一日を多読に費やす勤勉な人間は、
しだいに自分でものを考える力を失っていく。

 

最近これを思います。

 

まずは自分が行動して壁にぶち当たらないと

 

頭でっかちになってしまうなと。

 

失敗があってその解決策を読書に求めるのはいいけど、

 

とりあえず読書だとなんかね。

 

失敗を先に学びすぎるのも行動に移せなくなるのかな。

 

そしてもう一人紹介。

 

里中李生さん。

 

現代の自己啓発本作者。

 

読書よりも大事なことは、まず、経験である。

人と接して、失敗したり、

何かを考えたりすることが何よりも大事なのだ。

 

もっとも里中はこのあと、

 

この話は、読書をする時間がない

私が書いた逆ギレの理論なのである。

最善なのは、読書をしながらたくさんの経験を積むこと。

それに限る。

 

とも述べている。

 

ここら辺は大の読書愛読家、千田琢哉の

 

「本物の読書家は行動に移す」

 

という論に近いと言っても過言ではない。

 

行動→読書

 

これにシフトしていこうかなと思いました。