読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いがもっちの意外かも 

今まで経験したひょんなことをつらつらと書き述べるもまたいとをかし

DAYS2巻 Dont think Feel!!第二弾

f:id:igamocchi:20161001015117p:plain

 

一年生チームメイトの来須が柄本のプレーに触発されて、

 

心の中に思ったことを描いているシーン。

 

「夢中になってボールを追ったあの感覚だ。よく怒られたんだ。頭を使えとそんなものはサッカーではないと。(中略)だが悔しいが認めざるをえねぇ。戦術も作戦も越えたところにサッカーはあったんだ」

 

僕たちの頭はだいぶ凝り固まっていく。

 

指導者や大人や教師といった周りの大人が僕たちから「らしさ」を奪う。

 

もちろん彼らに悪気があるんじゃない。

 

彼らはすでに人生を歩んできているから彼らなりのアドバイスを送っているのだ。

 

しかしそれが自分に当てはまるとは限らない。

 

よくスポーツで頭を使えというが、自分の感覚に従った時のほうがいいこともある。

 

でも指導者が、大人が言うことが絶対と思ってしまったら……