読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いがもっちの意外かも 

今まで経験したひょんなことをつらつらと書き述べるもまたいとをかし

四月は君の嘘5巻 それでも僕を突き動かすもの

f:id:igamocchi:20160929233516p:plain

 

四月は君の嘘5巻。

 

まずはこの場面から。

 

「君は何のために弾くの? 自分のため? 誰かのため?」

 

これは宮園が有馬にピアノを弾く理由を尋ねた場面だ。

 

有馬は「君(宮園)のために弾こう」という答えを出した。

 

小説家は何のために書くのだろう。

 

演奏家は何のために弾くのだろう。

 

プロ野球選手は何のために野球をするのだろうか。

 

自分のため以外何のためでもないというのが個人的にはかっこいいと思う。

 

しかし、誰か一人のために書いたり、弾いたり、プレイをしたり、

 

そういったものは必ずその人以外の人にも響くものとなる。

 

自分のために好きなことをするのがきつくなったら

 

誰かを思い浮かべながら好きなことをやればいい。