空の上での七並べ

いがもっちの意外かも

とある大学生の回顧目録

二浪日記の解説②

4 社会構造に対して疑念を抱く。というより社会を憎んでしまう。道を歩いているだけでそこらへんの人に対してイラついてしまう。 二浪しているときの僕は極めて反社会的だった。 常に眉間にしわを寄せながら駅から塾までの道を歩いていたものだ。 今思えば…

二浪日記の解説①

igamocchi.hatenablog.com 1、家族には感謝を まずはじめに家族に感謝の言葉を。とりわけ祖母に。僕が浪人している間、目もおぼつかないにもかかわらず洗濯やら食事を作ってくれて感謝感謝です。浪人生活は家族の支えで成り立っていることは忘れないように…

二浪してわかった100のこと Part.2

二浪してわかった100のこと Part.1