空の上での七並べ

いがもっちの意外かも

若者が出逢っておきたい100の物語 Reserve.st

Track5 SAKECELLAR

彼女と出会ったのは彼女が働く酒蔵会社に行ったときのことだった。

清酒がほのかに香る酒蔵にたまたま顔を覗かせると彼女が受付をやっていた。

薔薇のように美しさと強さを兼ね備えた大人の女性。

それが僕の彼女に対する第一印象だった。

彼女は僕よりもふた回りは離れていた。

僕の内心を読むかのように彼女は僕をアルバイトに誘ってくれた。

2日間のアルバイトが終わって打ち上げが開かれた。

「ちゃんと飲んで食べてる? 今回はありがとう。また来年もよろしくね」

と、女性は声をかけてくれた。

最初からわかっていた。

彼女は僕にはふさわしくないんだろうって。

年齢はもちろんおそらく僕のことを一人の大学生としか見ていないんだろうって。

だから僕は彼女に何も声をかけることができなかった。

ダメでもいいから自分の気持ちを素直に伝えればよかった。

今になって後悔する。

 

Track6 A MAIL FROM HER

その時の俺は誰かに俺自身のことを知って欲しかった。

認めて欲しかった。

高校3年生の夏。

体育祭実行委員に選ばれた俺は仕事をやっていた。

母親も亡くなり部活もなくなり、そんときは自暴自棄になっていた。

昼夜を問わず体育祭の準備に明け暮れていた。

受験生でもあるのだが正直勉強なんてどうでもよかった。

ただ目的を見失った俺は何かを必死に探し求めていた。

競技のリレーで走ったあとあまりに気持ち悪くなってトイレに行って昼に食べた中身を吐き出す俺。

そして俺はトイレの中で嗤った。

俺自身を。

自分なんて壊れてしまえばいい。

本気でそう考えていた。

そっちの方が救われる。気持ちがいい。

行き帰りの電車では電池が切れたかのようにぼぉうっとすることが多かった。

本を読むでも勉強するでも寝るわけでもなく無気力にただそこに存在しているかのように座席に座っていた。

そんなある日の帰りの電車で同級生の子からメールが来た。

「あんまり無茶しているとお母さんのように倒れてしまいますよ」

すっと気持ちが楽になると同時に俺は余計にどうしたらいいかがわからなくなった。

彼女の心配ですら鬱陶しいと思ってしまった俺はなんて酷い男なんだ。

救いの手はそこにあるのに幸せになろうとしない自分がいる。

鳥籠の底でへたり込んで外の世界を見上げるだけで一生を終える。

そんな自分がいることに気づいた。

 

若者が出逢っておきたい100の物語 Reserve.st

Track3 THAT MAN

その男とはじめて出会ったのは図書館だった。

図書館で執筆活動をしていると傍目にその男が見えた。

若者のように派手な格好をしているのでも芸能人のようにオーラがあるわけでも教授のように厳かな雰囲気があるわけでもない。

だが忘れにくい容貌をしていた。

あれがオーラなのかな?

その男は小林秀雄を読んでいました。

声をかけることは到底できなかった。

その男と次に出会ったのは銭湯だった。

一目見て図書館で小林秀雄を読んでいた人だとわかった。

彼はそこでも独りだった。

その後も街中やカフェでその男を見つけたのだがいずれも気にはなったが声をかけることができないでいた。

市の祭りに出かけた時。「また会えるかな」と期待して行ったのだが、やはりその男はいた。

石段のところで座っていた。

僕は意を決して話しかけることにした。

「すいません」

僕は今まで色んなところで見かけたことを話した。

「これはこれはお恥ずかしいですな」

男は照れながら言った。

どうしていつも独りでいるのですか?と訊ねると、

「孤独で思想に耽りたいのです。山奥で仙人のように籠もればいい話ですがどうしても寂しゅうございまして。群衆の中で孤独にいることが一番落ち着きます。俗世を離れることは難しいですな」

 それからというものその男と会う機会は少なくなったが見かけたときはお辞儀だけしている。

 

Track4 NOVEL ORIGIN

とある村に物静かな男が住んでいました。

男は普段は古びた茅葺小屋に住み、外で住民に会っても会釈するだけでした。

そんなわけですから村の住人たちは男を怪しんで子どもたちに近づかないように教えました。

しかし子どもという生き物は大人が止めるものにこそ興味をもつもので、ある日、子どもたちは男の家を探索しに行きました。

鍵もなく障子や木板だけで仕切られた小屋ですから簡単に忍び込むことができました。

変わったものは特になく生活に必要な最低限のものだけある簡素な家。

廊下をそろりそろりと歩くとついに男がいる部屋に辿り着きました。

男のいる部屋は薄暗く棚には本がびっしりと詰まっています。

男は机に向かって一心不乱に何かしているようでした。

とても集中しているようで子どもたちにも気付きません。

子どもたちも怖くて男に近づくことができません。

ある子どもが後ずさりした時、足を踏み外してしまい「わっ!」と大きな声を出してしまいました。

流石に男も子どもたちの方を向き、子どもたちは一目散に男の家から逃げ出しました。

もうあの小屋には近付かないようにしようと決めた子どもたちでしたが、足を踏み外した子どもは踏み外した拍子に床を壊してしまったことを気にかけ、翌日、男の家に謝りに行きました。

男は簡単に許してくれ、安心した子どもが昨日机に向かって何していたのか聞くと、机まで案内してくれた。

机には膨大な量の紙が積み重ねられていました。

「僕はね。本を作っているんだ」

男は子どもに説明した。

本って棚に置いてあるやつのこと? 子どもは質問する。

「そうだよ。紙にペンで文字を書いて物語を作っているんだ」

子どもは男が何をしているのかその時はよく分かりませんでしたが、何やら凄いことをしていることだけは察しました。

「このことは秘密にしてくれるとありがたいな」

子どもは男と約束をしました。

その後も男はどうやら小屋に篭って本を作っているみたいでした。

いつしか子どもも成人し大人になった時、その男が亡くなったということを聞きました。

結局、男はその茅葺小屋で一生を終えたのです。

住民たちで男の住んでいた小屋に行くと大量の紙が見つかりました。

男は何をしていたんだろうという話になった時、男と約束をした彼は、

”小屋に住んでいる男の伝説”

その頭文字と語尾を取り、

「この人は”小説”を作っていたのさ」

と、話をでっち上げたのでした。

 

若者が出逢っておきたい100の物語 Reserve.st

 

Track1 SOLITUDE

地平の彼方まで野に咲く草々。

宙に浮いて師匠は語る。

「一つ一つの花はお互いに独立して咲くからこそ野として輝きを放つ」

所狭しと並ぶ軍隊にも似た可憐な花。

「地球に例えることができる。ヒトは独りで輝きを放てば美しい。されど成熟もせず群れを成せばその輝きを失う。それはカビの生えた林檎が樽箱の中で連鎖して腐敗するようにたちまち地球上にも癌が広がる」

たなびく白い陽炎のような風景に目を細める。

「孤高に輝く山はお互い離れて聳え立つ。元来、ヒトもそのようにあるべきなのだよ」

 

 

Track2 MOTHER TONGUE

あれは僕が大学1年生の話だ。

僕は図書館で独り必死に参考書を広げ英語の勉強を行なっていた。

対角線の向かい側に一人の初老の男性が座る。

読もうとした新聞を机の上に置き、

「英語の勉強?」

と、その男性は訊ねてきた。

「はい、そうですけど」

急に話しかけられてきて僕はドギマギする。

「君は『坊ちゃん』や『高瀬舟』を読んだことはあるのかい?」

男性はさらに続ける。

「もっと言えば『遠野物語』とか『源氏物語』、『古事記』や『日本書紀』なんか」

「いえ」

僕はそう答えざるを得なかった。

「君は自国の文化を知る前に他国の言葉を勉強するのかい?」

男が何を言わんとしたいかがわかり僕はムッとする。

「『そうはいってもしょうがない。これからの時代、英語くらい話せないと就職先もないから』とでも言いたいようだね。けど、よく考えて欲しい。外国語を話せても自分の文化を知らない人をビジネスパートナーとして選ぶかな? 君が通訳で満足だとでも言うのなら止めないけど。しかしそれでも駅前の英会話学校にでもいくべきじゃないかい?」

立て続けに僕に語り続ける男。

「日本に来ている外国人が道を訊ねてきた。君はどうする?」

「できる限り英語で道を教えますけど」

男はやれやれと首を振る。

「それ自体がもはや下僕の思考回路なのだよ」

「あなたはどうされますか?」

同じ質問を返してやる。

「僕? 僕だったらそうだね。日本語で道を教えるね。ここは日本なんだから向こうがこちらに合わせるべきだ」

男はにっと笑って、

「勉強中に悪かったね。それでも君は英語の勉強をするのかい?」

と、立ち上がって去っていった。

男が去っていった後、僕は参考書をしまって本を探しにいくのだった。

 

 

今、ジョイフルが熱い

今、ジョイフルが熱い。

なにも実際にジョイフルに行ってみて店に直で触れ「あっつ! 火傷したわ!」というわけではない。

ジョイフルの建物そのものは熱くないので安心して触れたり頰を擦り付けてほしい。

「ジョイフルが熱い」というのは、ジョイフルの勢いがすごいということだ。

ファミレス界の王座に君臨するのは紛れもない。

ジョイフルである。

では、ジョイフルのなにがすごいのか?

順を追って説明していこうじゃないか。

ちなみにあらかじめ言っておきたいが、僕はジョイフルの回し者でもなんでもない。

ジョイフルの株主で優待券をもらっているわけでもなければ友達がアルバイトをしているわけでもない。

”サイ◯リア”でアルバイトしている友達ならいるのだが。

それくらいジョイフルに無関係の僕が言っているのだから間違いない。

なんならこの記事を見たジョイフル関係者に現ナマかジョイフル大使の称号をもらいたいくらいである。

 

僕は常日頃から言っていることがある。

「日本の各所にもっとFreeWi-Fiを通せ」と。

これは僕が実際にベトナムに行った時から強く思っていることである。

ベトナムではそんじゃそこら中にWi-Fiが通っている。

ホテルはもちろんカフェにも移動中のバスの中にも。

発展途上国ベトナムですらそれなのに先進国の日本が公共の場におけるWi-Fi整備に遅れをとっているとはどういうことか。

あのベトナムでさえあれなのだからベトナムよりあれの日本があれをしないのは怠慢だろう、と僕は思っている。

ちなみに僕はベトナムのことが大好きなので決して馬鹿にしているわけではないということを但し書きで書き連ねておきたい。

アナザースカイに出演した時はベトナムにする予定だ。

そんな中、あのジョイフルがついにwi-fiを導入した。

この記事も今ジョイフルで書いている。

今までなんでファミレスにWi-Fiがなかったんだと言いたいくらいだが、ここは素直にジョイフルを賞賛すべきだろう。

「いや、別に家とか学校とか職場とかWi-Fi環境があるところで作業すればよくない?」

という反論も中にはあるだろう。

そんな意見は一刀両断してダストシュートにでも放り込んでおけ。

人間だもの。

逆にジョイフルがそこにあって「じゃあジョイフルで作業しようか」となぜならない。

これは卵が先か鶏が先かの問題に似ている。

ジョイフルがもしこの世になければ「ジョイフルで作業しようか」とはならない。

ジョイフルがこの世にあるがゆえに「じゃあジョイフルで作業しよう」となる。

細かいところを突っ込めば、いや突っ込まなくてもこの両者は似ていないかもしれないがジョイフルをこの世に生んだ時点でジョイフルにはより良い環境を作っていくべき使命がある。

ついつい熱くなってしまった。すまない。

結局なにが言いたいかというとWi-Fiを導入してくれてありがとうジョイフルということだ。

 

ジョイフルは値段もリーズブルだよね。

確かに確かに。

定食は安いやつだと500円くらいで食べられるし、ランチはドリンクバー付きで400円くらいのものもある。

けど、こんなに安いともはや心配しちゃうよね。

さらに、1976年から40周年を迎えた記念として導入された24時間いつでもモーニングメニューを注文できる制度も。

これも安いものはドリンクバーを含めて400円くらいだ。

この制度は2017年を迎えた現在もなくなる気配はない。

 

内装も木目調の天井や薄オレンジの温まる電灯。

そしてJoycafeという電光看板など相まってクラシックな雰囲気を醸し出す。

ファミリー層が多いということからかある店舗の中には、子供向けの低い位置に設置されたドリンクバーもある。

和色も洋食もありメニューに幅がある。

本当にかなり凄いファミレスだと思う。

 

親から言われたことって意外と的確だったりする

f:id:igamocchi:20170314222105p:plain

 

母親に僕の幼児期のことを聞いたことがある。

「歩き出すのは早かったけど、なかなか喋らなかった」

僕は他の人より立って歩き始めるのは早かったが、

喋るのは遅かった。

大学生になった今、この親の発言の意味を理解した。

僕は訥弁で喋るのが本当に下手だ。

人に説明するどころか喋りでのコミュニケーションも

あまり得意ではない。

一方、僕はいろんな場所へ行くアクティブさがある。

どうやら僕は生まれつき口より体が動くたちなのだろう。

スティーブ・ジョブズのような人々の心に突き刺さる

プレゼンテーションはもってのほか。

客家、外交官、弁護士といった頭と口を

多分に使う職業は僕には向いていない。

今回、伝えたいのは僕がどんな人間かということではなく、

「親が自分に触れた内容の中に、自分の人間の性質が隠れていることが多い」

ということだ。

特に母親というのは鋭い。

いま振り返ってみると僕以上に僕のことを

理解している発言をよくしていた。

 

☆親から言われた何気ない一言が記憶に残っている場合、そこに自分の才能が隠されていたりする。