読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いがもっちの意外かも 

今まで経験したひょんなことをつらつらと書き述べるもまたいとをかし

大学生時代に出会っておきたい100の言葉 Part.1

僕はまだ大学生だが、ここら辺で、「大学生時代に僕に影響を与えた言葉」を振り返ってみたい。今後も出てくるであろうから小出しに出していこうと思う。

僕の価値観のパラダイムシフトが起きたのは何と言っても大学生時代だ。

授業がおもしろくなくて何も得るものがないと大学はよく言われる。

しかし、僕は大学には行った方がいいと思う。

なぜなら、たとえ授業のことを全て忘れても「人と出会って価値観を変える」経験が得られるからだ。

大学時代は本読んで人と語って自分の価値観を揺るがそう。

続きを読む

今、ジョイフルが熱い

f:id:igamocchi:20170314231152p:plain

ジョイフルがついにwi-fiを導入した。

この記事も今ジョイフルで書いているのだが、

ファミレス界で今ジョイフルが一歩抜きん出ている。

学生・ファミリー向けのリーズナブルな値段に加え、

今回のwi-fi導入。

木目調の天井や薄オレンジの温まる電灯。

Joycafeという電光看板に

ファミリー層が多いということで

子供向けの高さのドリンクバーも

設置されている。

1976年から40周年を迎えた記念として導入された

24時間モーニングメニューを注文できる制度も、

2017年を迎えた現在もなくなる気配はない。

ドリンクバー付き422円のモーニングエッグプレートは

お買い得すぎる。

 

☆和洋折衷メニューで本当にかなり凄いファミレスだと思う。

 

親から言われたことって意外と的確だったりする

f:id:igamocchi:20170314222105p:plain

 

母親に僕の幼児期のことを聞いたことがある。

「歩き出すのは早かったけど、なかなか喋らなかった」

僕は他の人より立って歩き始めるのは早かったが、

喋るのは遅かった。

大学生になった今、この親の発言の意味を理解した。

僕は訥弁で喋るのが本当に下手だ。

人に説明するどころか喋りでのコミュニケーションも

あまり得意ではない。

一方、僕はいろんな場所へ行くアクティブさがある。

どうやら僕は生まれつき口より体が動くたちなのだろう。

スティーブ・ジョブズのような人々の心に突き刺さる

プレゼンテーションはもってのほか。

客家、外交官、弁護士といった頭と口を

多分に使う職業は僕には向いていない。

今回、伝えたいのは僕がどんな人間かということではなく、

「親が自分に触れた内容の中に、自分の人間の性質が隠れていることが多い」

ということだ。

特に母親というのは鋭い。

いま振り返ってみると僕以上に僕のことを

理解している発言をよくしていた。

 

☆親から言われた何気ない一言が記憶に残っている場合、そこに自分の才能が隠されていたりする。